待ち望まれた薬

クラビットとは、抗菌や感染症治療に高い効果を発揮する薬の名称です。
主に錠剤や点眼剤として用いられるのが一般的です。
その場合は、咽頭炎・喉頭炎・扁桃炎・気管支炎・肺炎といった呼吸器系の感染症の治療に効果を発揮します。
また、中耳炎などの耳鼻系の感染症や、クラミジアをはじめとする性感染症の治療にも使用されています。

クラビットの特徴は、体内のDNDジャイレースとよばれる酵素の働きを抑制することです。
DNAジャイレースは、細菌が自らを複製するために必要となる酵素です。
感染症にかかった際には、その菌がDNAジャイレースにより複製されるので、それを抑制することは感染症の治療・予防につながります。
また、クラビットはその他様々な抗菌作用を有しており、幅広い感染症に対して適用が可能です。
抗菌力自体も他の薬と比べて強く、加えて副作用も少ないのでニーズは大きいでしょう。
今後も、様々な分野での活用が注目されている薬です。

クラビットには、従来品(錠100mg)と高単位製剤(錠250mg、錠500mg)といった種類があります。
使用にあたっては、症状によりこれらのタイプを使い分けます。
製剤によって飲み方が異なるため、注意しましょう。
一般的に従来品であれば1日に2~3回の服用、高単位製剤であれば1日1回の服用と規定されています。

お勧め情報サイト

クラミジアや淋病などに効果のあるクラビットはこちらでチェック!|クラビットの通販・購入ガイド

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

Bookmarks